世の中と演劇するオフィスプロジェクトM

undefined

世の中と演劇するオフィスプロジェクトM presents

小さな短編演劇祭 in 下北沢


~彼女たちが切りとる一瞬~

作:河田唱子 長谷川彩 美崎理恵    演出:丸尾聡


トップ  |  作品・作家  |  出演者  |  日程・会場・チケット


作品・作家

『水の器』
それは誰もが知る日本の『家族』の物語。 世界で一番孤独な高校一年生…

【出演】 木内琴子(SPAC) anna 小杉美香(劇団チャリT企画)



alt
【作】 河田唱子

劇作家。神奈川県・横浜市港北区生まれ。
幼少期をスイス・チューリッヒで過ごす。学習院大学文学部日本語日本文学科卒。
2011年 “もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡” 結成。神奈川を活動拠点とし、マグカルフライデー「桜木町蹶起集会」、マグカル出前公演「神奈川県庁本庁舎大会議場短編演劇集」など多団体が集まっての企画公演で、脚本のみならずプロデュースにも携わる。
競演型の短編演劇祭「劇王」の神奈川大会で、2014年と2015年に優勝。三代目・四代目「神奈川劇王」の称号を得る。
各地の短編演劇祭の覇者が競った2015年「劇王天下統一大会 ベイシティロワイヤルin KAAT」、2016年「神奈川かもめ短編演劇祭」ではいずれも決勝に進出。2016年12月、地劇ミュージカルコンペにて優勝、2017年8月「日本国 横浜 お浜様」神奈川県立青少年センターホールにて上演予定。この作家の目線は、過去であれ現代であれ「社会の中で生きる女性」に向かう。日本劇作家協会会員。

『きみにときめく』
猫缶はなぜ彼の手にあったのだろう。変態とキチガイ、どちらが…

【出演】
 水谷悠樹 坂口寿一(プロジェクトM)


alt
【作】 長谷川彩

劇団さよなら作・演出。中学まで続けたブラスバンド部が高校になかったため 、たまたまドアが開いていた演劇部に入部。入ったからにはと、戯曲を書き始める。演劇講習会にて講師が、いかに役者への道が険しいかを語る際に言った 、「劇作家は、まぁ、書いてればそのうちなれます」という言葉を鵜呑みにする。今もそう信じている。
また、もう戯曲を書く以外、他人様にほめられる術が私にはないような気がしている。
東海連合として参加の『海獣日和』が教文演劇フェスティバル2015優勝、劇王天下統一大会決勝進出、『そして、彼女は』で教文フェス連覇。少数の登場人物達がただただ話をするだけの会話劇が主な作風。「良く言うと滋味深い。悪く言うと地味」(本人談)人間の弱さと強かさをやるせなく、愛おしく感じられる話作りをモットーとしている。
第二回宇野重吉演劇賞優秀賞受賞。第18回日本劇作家協会新人戯曲賞最終候補 。日本劇作家協会協会員。日本劇作家協会東海支部所属。

『屋上のおとこ』
時は刻むが、時間は前には進まない。そこに男はいた。ここはオレの…


【出演】 小山貴司
 こいけ 廣田健(プロジェクトM)


alt
作】 美崎理恵


島根県出身/東京都在住。中学より演劇をはじめ、高校時代に全国高等学校演 劇大会に出場。2006年、地元での演劇普及を目指しNPO法人「創作てんからっ と」を設立。自主公演や市民参加の歴史ミュージカル『鏡山お初』などの作・ 演出をつとめる。
学校への戯曲提供、読み聞かせやパフォーマンスなどの活動 も行う。2008年に上京。ユニットでの活動を経て、2016年度戯曲セミナーを受講。丸尾聡の「演劇のれっすん」に参加する。現在は東京と島根を行き来しながら活動中。滑稽で、優しくて、切なくて、そんな人情劇が作風。
第2回神奈川かもめ短編演劇祭上演戯曲募集で108作品から『差出人不明』が最 後の3本に。演劇の他、NHKの松江放送局75周年記念ドラマ『先生の秘密』や 、FMシアターなどテレビ、ラジオ、『99のなみだ』シリーズ(リンダブック ス)の短篇小説集なども執筆している。日本劇作家協会会員。

alt
丸尾聡
演出


作家、演出家、俳優。世の中と演劇するオフィスプロジェクトM代表。玉川大学演劇専攻。1986年劇団旗揚げ。2015年『死刑執行人〜山田浅右衛門とサンソン〜』再演で劇団公演活動を休止。この間、全国で戯曲・シナリオの講座、俳優ワークショップを開催。各地の劇王、高校演劇関東大会、NHKラジオドラマコンクールなどの審査員、第2回神奈川かもめ短編演劇祭実行委員長を務める。また多くのドラマリーディングを企画、コーディネイト。昨年脚色を担当したNHKオーディオドラマ『オリガ・モリソヴナの反語法』でインターネット人気ランキング2位。代表作に第一回日本劇作家協会新人戯曲賞優秀賞『INAMURA走れ』 ABU賞(東アジア太平洋放送連合最優秀ラジオドラマ賞)『残置物処理班』、『飯縄おろし』『離宮のタルト』『死刑執行人』(以上演劇専門誌テアトロ掲載) ラジオドラマ脚色に『バッテリー』『カラフル』『精霊の守り人』など。演出家としては、児童劇、ミュージカルから不条理劇まで幅広い作品を手がける。日本劇作家協会代議員・事業委員。川崎演劇協会幹事。馬と犬と猫と大きな猫と暮らす。